東京都総合健康保険組合協議会(東総協)ホームページ

東総協会員組合専用サイト

東総協86会員組合の財政状況

・高齢者医療制度が施行された平成20年以降、7年連続の赤字決算(予算)となっています。
・平成26年度の予算編成においても、東総協会員組合の9割となる77組合が経常収支赤字での予算編成となっています。
・東総協の平成26年度平均保険料率は9.296%となり、平成20年度の平均保険料率(7.673%)と比較し、大幅な引上げを余儀なくされています。
・多くの総合健保組合が保険料率の引上げを抑えるため、法定準備金等の積立金を毎年取り崩さざるを得ない状況にあります。
・このような状況を招いている最大の要因は、高齢者医療制度への過重な納付金等の負担にあり、増大する高齢者の医療費を現役世代の保険料による支援に過度に依存しているからです。

ページのトップへ戻る